参考書籍
入門書を1冊読んだくらいでは電子回路の仕組みは理解できません.

トランジスタ回路ひとつ取っても何冊かの本を読むうちにすこしずつわかってきます.断片的な「知識」が,本に載っている回路を組んで動かしてみることで「理解」に変わっていきます.入門書に載っている回路を作るために必要な部品を買い集めてきて,ひとつずつブレッドボード上に試作して動作させていくと楽しめます.本に載っている製作例をつくるために必要な部品をすべてメモして秋葉原へ行くのです.そうすればしばらく楽しめます.

ご紹介する書籍を手軽に入手していただけるよう、Amazon.com のリンクを用意しました。以下のタイトルをクリックしてください。1,500円以上 送料無料ですから、わたしも利用しています。

「ロボット工作のはなし」佐伯平二著/技報堂出版 1,800円(税別)

「ワクチン君」を手に入れてPICマイコンのプログラムにも触れて「いつかPICで回路を組めるようになりたい」と思うようになったのですが,PICの周辺回路を組むには電気・電子回路の基礎がわかっていなければなりません.そこでもっと素朴なロボット工作をしてみようと思っていた矢先に書店で手に取ったのが本書です.

磁石に反応するリードセンサーや,光に反応するCdsなど,懐かしい素子を使ったトランジスタ回路が載っています.マブチモーターを使っているので応用もカンタンです.「ロボットのからだをつくる」ための説明もていねいにしてあるので,子供といっしょに作ってみるのもいいでしょう.MINDSTORMとちがって生の部品が見えているので「これだけの部品でこんなことができるんだ」と感激するでしょう.

いままではソフトウエアで処理するものだと思っていたような仕組みがハードウエア(回路)で実現できることを知って,目からうろこが落ちました.

「新電子工作入門」西田和明著/講談社ブルーバックス 900円(税別)

子供に受けそうな工作例がたくさん載っています.LEDが光ったり,スピーカーから音が出るものが受けます.各回路の動作原理もていねいに説明してあるので参考になります.

実体配線図(実際の部品の配線方法を描いた図)も載っていますが基本は回路図です.慣れてきたら実体配線図ではなく回路図を見て組むようにしましょう.動作原理がわかってくると回路図のほうがミスが少なくなります.いま思うと,以前は各部品を「機械的に」つないでいただけだったから実体配線図に頼らざるを得なかったのですね.

この手の電子工作には2SC1815というトランジスタが使われることが多いようです.秋葉原で10個150円(100個1,000円)で売ってますからまとめ買いしておきましょう.他に電池ボックス(リード線付き),3Pのトグルあるいはスライドスイッチ(端子の間隔がブレッドボードの穴に合うもの)をまとめ買いしておくことをお薦めします.ついでに小型スピーカーやブザー,LEDもあると楽しいですね.

余談ですが「トランジスタ規格表」「トランジスタ互換表」という冊子が毎年CQ出版から発売されています.それを見ればトランジスタの規格がわかります.しかし半導体メーカー各社のホームページで情報提供されていることもあります.

「初歩のエレクトロニクス&コンピュータNo.1 トランジスタから始めよう」CQ出版社 933円(税別)

これはB5版のムックで,表紙にシリーズ名の略称としてECBとあるのが目印です.先の2冊は工作例がおもしろかったのですが,これはトランジスタの動作原理を理解するのに役立ちました.

また,ECBシリーズには他に「2.アナログICを使おう」「3.ディジタルICを使おう」「4.PICマイコンを使おう」が出ていて後日全部買いました.

▼月刊「トランジスタ技術」CQ出版社

初心者向きの特集が組まれることもありますが,それは専門家の卵に向けたものであって,門外漢にはむずかしくて理解できません.それでも時々おもしろそうな製作記事が載ったりもします.電子工作のための部品を通信販売で入手したい方には広告が役に立つでしょう.

▼月刊「ROBOCON MAGAZINE」オーム社

創刊号を見て以後,定期購読しています.子供たちも読むかと思ったのですが,すこしむずかしいようです.
「オーディオクラフトマガジン」No.1 誠文堂新光社

「MJ無線と実験」の姉妹紙として創刊されたエレクトロニクス工作の入門誌だそうで,A4サイズのおおきな雑誌です.タイトル通り「音の出る工作」を中心に取り上げているようですね.

No.1ではゲルマニウムラジオと真空管アンプのキット製作.懐かしいどころか,古くてついていくのが大変ですが,真空管は興味があるのでチャンスがあればアンプを作ってみたいと思っています.

MAY 2003